社会カテゴリの記事

そして少女は二度と帰らなかった 宇都宮・踏切で足挟まれる 電車にはねられ女児即死=1983年

4、50代の世代が最も記憶に残っている事故として、踏切のレールに足を挟まれて死んだ子がいる、という話がある。この話は都市伝説にまでなっているが、これは実際に起きた事故だ。ミニバスケットボール部の当時10歳の少女は下校途中、踏切のレールと補助レールの隙間に足を挟まれ、ばく進する列車にはねられ命を落とした。これは昭和58年の出来事である。

この記事を読む

ページの先頭